OCN光からドコモ光に乗り換える手順と注意点を解説!

OCN光からドコモ光に乗り換える手順と注意点

 

ドコモ光の最新キャンペーンはこちら

 

 

 

この記事ではOCN光からドコモ光の回線に乗り換える際の手順と注意点を解説していきます。

 

 

ドコモ光のプランには利用年数に応じた割引や家族割引など他の光回線では珍しいサービスがあり、それだけに契約内容は複雑です。

 

OCN光など他の回線に慣れている人も、ドコモ光を契約する際には事前準備を徹底する必要があるでしょう。

 

 

記事を通して、ドコモ光に乗り換える場合の大まかな手順や注意点を説明し、最後におすすめのプロバイダを紹介します。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

工事費無料
+
キャッシュバックCP中!


 

OCN光からドコモ光に乗り換える手順

 

ここでは光回線の乗り換えの手順を解説します。

 

 

大まかな流れとして、まず新しい回線(ドコモ光)を契約してから、現在の回線(OCN光)を解約するということを覚えておいてください。

 

これにより一時的にインターネットが使えないという事態を避けることができます

 

インターネットは一日二日使えないだけでも不便なので契約と解約の順序は間違えないようにしましょう。

 

 

OCN光からドコモ光への乗り換えですが、OCN光ではOCN光 with フレッツの場合と違い転用ができません

 

名前は似ていますが、OCN光とOCN光 with フレッツは別の光回線になります。

 

OCN光 ⇒ 光コラボ

 

OCN光 with フレッツ ⇒ フレッツ光

 

光コラボとは、NTTのフレッツ用ケーブルを他社が借りてサービス提供している光回線です。

 

参考:光コラボ(光コラボレーションモデル)とは

 

フレッツ光から光コラボへの乗り換えは「転用」、それ以外は「新規契約(新設)」になります。

 

 

転用と今回扱う新規契約では後述する解約金なども違うので間違えないようにしてください。

 

 

新規申し込みの方法は

 

  • インターネットから申し込み
  • ドコモショップへの来店での手続き
  • 電話申し込み

 

の3種類です。

 

どれを選んでも申し込みの流れは同じになります。

 

 

オススメは特典が一番充実している、GMOとくとくBB(プロバイダ)の公式サイトからの申し込みです。

 

 

GMOとくとくBBの特典などについては、このページ最後で紹介しています。

 

 

 

申し込み手順としては、

 

 

GMOとくとくBBのホームページに行き、ページ内の「申し込み」ボタンをクリックします。

 

GMOとくとくBB×ドコモ光申し込みボタン

 

 

②アンケートに応えて、「申し込む」ボタンをクリックします。

 

GMOとくとくBB×ドコモ光申し込みボタン2

 

 

③必要事項を入力して、「申し込む」ボタンをクリックします。

 

GMOとくとくBB×ドコモ光申し込みボタン3

 

 

これで申し込み自体は完了です。

 

 

④あとは、申し込み内容を基に、GMOとくとくBBから確認の電話があります。

 

内容の確認と同時に、工事日の調整などもありますので、申し込み時に電話に出られる時間を指定しておきましょう。

 

 

⑤指定した工事日に、NTTの作業員が自宅に来て、開通工事を行います。

 

工事が終われば、その日からインターネットが使えるようになります。

 

 

ドコモ光の申し込み~開通までの流れは下記ページで詳しく解説しています

 

GMOとくとくBB×ドコモ光を実際に契約した体験談!-開通までの流れを写真つきで解説

 

 

OCN光からドコモ光に乗り換える際の注意点

 

光回線乗り換えの際の注意点を解説します。

 

 

大事なのは電話番号の引継ぎ解約金や工事費の請求の2点です。

 

どちらも重要なので目を通してみてください。

 

 

OCNひかり電話の電話番号の引継ぎ

 

OCN光で使っている電話番号をドコモ光に引き継ぐ方法を解説します。

 

 

まず、覚えておきたいのは現在OCNひかり電話で使っている電話番号が、アナログ電話から引き継いだ番号でなければ、ドコモ光電話に引き継ぐことはできないという点です。

 

つまり、OCN光の契約の際に新しく電話番号を契約した場合は引継ぎができません

 

この点を踏まえたうえで、アナログ電話からOCN光へと引き継いで利用していた電話番号をさらにドコモ光に引き継ぐ方法を見ていきましょう。

 

 

OCN光のようなコラボレーション光事業者の回線だとアナログ戻しという作業が必要になります。

 

 

アナログ戻しについての詳細は下記ページをご確認ください。

 

OCNひかり電話をアナログ戻しする費用・方法を解説!

 

 

全体の手順としてはまず、ドコモ光への申し込みを行い、その後NTTへアナログ戻しの工事を依頼します。

 

数日後、工事が完了した段階でドコモ光にその旨を連絡し、改めてドコモ光の工事日調整をしましょう。

 

 

解約金・工事費残債

 

OCN光を解約して他の回線に切り替える際に注意したいのが解約金と工事費残債の問題です。

 

 

解約金は違約金に当たるもので基本的には払わなければいけません。

 

OCN光の契約者は2年自動更新型割引というサービスに加入しているはずです。

 

これにより利用者は毎月の料金から1,100円が割り引かれています。

 

この割引サービスが2年(24ヶ月)ごとの自動更新なので2年目の翌月以外の解約では11,000円の解約金が発生するのです。

 

11,000円は小さくない金額なので、解約金を払いたくない場合は、利用開始から25ヶ月目や49ヶ月目、73ヶ月目の区切りの月に解約しましょう

 

 

次に覚えておきたいのは工事費の残債についてです。

 

OCN光の利用申し込みから30ヶ月以内に解約した場合、工事費の残債(残金)が一括請求されるという仕組みになります。

 

30ヶ月なのでちょうど2年半になりますが、通常工事費は30ヶ月分割の請求なことを覚えておきましょう。

 

解約が早ければ早いほど残債は大きくなります。

 

30ヶ月以上利用していれば工事費の残債請求はありません

 

 

ドコモケータイを利用中の方が選ぶべき光回線はドコモ光!



ドコモ光では25社から好きなプロバイダを選ぶことができますが、


  • 無料でv6プラス対応
  • v6プラス対応Wi-Fiルーターのレンタルも無料
  • キャッシュバックなどの独自キャンペーン+dポイントプレゼントなどの公式キャンペーンが併用可能

といったメリット多数の「GMOとくとくBB」がオススメです。(当サイト管理人の私も実際に利用中です。)


GMOとくとくBB×ドコモ光おすすめの申し込み先ランキング

GMOとくとくBB×ドコモ光 おすすめの申し込み先


2019年10月の最新キャンペーン内容で比較しています!



公式サイト、代理店サイト、量販店などの【キャッシュバック額】もしくは【還元内容】、【キャンペーン内容】、評判を比較した上で判断しています。


GMOとくとくBB×ドコモ光公式サイト

GMOとくとくBBのドコモ光で実施中のキャンペーン

WEB限定CP実施中!GMOとくとくBB×ドコモ光公式サイトはこちら



GMOとくとくBBのドコモ光を申し込むなら、公式サイトが一番お得です!


2019年7月より事業者変更(光コラボ⇒光コラボ・フレッツ光の再転用)ができるようになりました!


これにより、光コラボ(OCN光やソフトバンク光など)を利用中の方がドコモ光に乗り換える際、


  • 立会い工事不要
  • ひかり電話もアナログ戻し工事など不要で、電話番号を引き継げる

ようになりました。


他社光コラボ利用中で、ドコモ光に乗り換えたい方はチャンスです!



GMOとくとくBB×ドコモ光限定キャンペーン

 


  • ドコモ光のみ(オプションなし)でも5,500円キャッシュバック

  • ドコモ光 + dTV申し込みで8,000円キャッシュバック

  • ドコモ光 + [DAZN for docomo または スカパー]申し込みで15,000円キャッシュバック

  • ドコモ光+ひかりTV for docomo(2年割)申し込みで18,000円キャッシュバック

  • ドコモ光+ひかりTV for docomo(2年割)+DAZN for docomo申し込みで20,000円キャッシュバック

  • dカード GOLDも申し込みで5,000円分のGMOポイントプレゼント(+ドコモ光公式特典:最大15,000円分のiDキャッシュバックプレゼント)

  • v6プラス&v6プラス対応Wi-Fiルーターレンタルがずっと無料(通常300円~500円/月)

  • 訪問サポートが初回無料(通常7,400円)

  • セキュリティソフト(マカフィー)が1年間無料(通常500円/月)

ドコモ光公式キャンペーン

 


  • 通常約2万円かかる工事費が無料(ドコモ光工事費無料キャンペーン) ★9/1から再開しました!

  • 新規契約;10,000円分のdポイントプレゼント

  • 事業者変更(他の光コラボから乗り換えの方);5,000円分のdポイントプレゼント

  • 転用(フレッツから乗り換えの方);5,000円分のdポイントプレゼント

  • 他社ケータイからドコモへ乗り換えで10,260円分のdポイントプレゼント


還元額合計(最大の場合)⇒2年間で最大90,300円(dカードGOLDも申し込みなら110,300円)



GMOとくとくBBのドコモ光で実施中のキャンペーン


 


このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ



ページの先頭へ戻る