ビッグローブ光のIPv6は3種類!それぞれの違いと高速化サービス「IPv6オプション」について解説

 

2019年10月現在の最新キャンペーンはこちら

 

 

 

インターネット通信を高速化する際に重要となる「IPv6」系の接続方式ですが、ビッグローブ光では3種類のIPv6サービスが提供されています。

 

 

この記事ではそれぞれの違いと、利用にあたっての申し込み・設定方法を解説します。

 

自宅のインターネット回線をより快適に利用したい方は、参考にしてください。

 

 


 

ビッグローブ光は3種類のipv6接続に対応

 

ビッグローブ光では、以下の3つのIPv6関連接続方式・オプションが提供されています。

 

  • IPv6 PPPoE
  • IPv6 IPoE
  • IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続サービスの1つである「IPv6オプション」

 

IPv6接続は、インターネット利用者が増えた現代において快適に通信するために重要です。

 

ただし闇雲に「IPv6」と書かれている接続方式を使えばよいわけではなく、選び方も重要となるので、引き続き詳しい情報の解説をご覧ください。

 

速度が速くなるのは「IPv6 IPoE」と「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6」

 

気をつけたいのは、

 

「IPv6対応しているから速い」

 

「IPv6対応していないから遅い」

 

という口コミは間違いであることです。

 

 

IPv6自体は、インターネットにおける住所の役割をする「IPアドレス」のバージョン6というだけで、ただ使うだけではセキュリティに強かったり、数が多く枯渇しなかったりするといったメリットがあるのみです。(なおIPv4は、IPアドレスのバージョン4となります)

 

利用することで速度が速くなるのは、IPv6のIPアドレスを使ったインターネット接続方式の中の「IPv6 IPoE」や「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6」となっています。

 

 

IPv6 IPoE ⇒ IPv6対応サービス利用時のみ速くなる

 

「IPv6接続は速い」と言われる理由は、IPv6のみで使える接続方式「IPoE方式」が高速化につながるからです。

 

 

IPoE方式(IPv6 IPoE)という接続方式は通常、IPv6のIPアドレスを利用する際に使えるもので、IPv6 IPoE経路を利用できます。

 

IPv6 IPoE経路は、従来のIPv4やIPv6 PPPoEで使われる接続方式「PPPoE方式」よりも帯域幅が広くなり、混み合いづらくなっています。

 

回線帯域が混み合いづらい結果、利用者が多くなる夜間なども含めて高速・快適に通信できるようになりますよ。

 

 

フレッツ光や光コラボで通信する際に混雑する「NGN網終端装置」を利用せずに通信ができるようになることも、高速化につながっています。

 

なお、NGN網終端装置とは?網終端装置を利用せず通信するとなぜ速くなるの?などに関する情報の詳細は、下記ページで解説しています。

 

 

 

専門用語が多いので、ここまでの説明はちょっとわかりづらいと感じたかもしれません。

 

もっとわかりやすく説明するために用語を道路関連の言葉に置き換えると、こんな感じです。

 

回線帯域⇒道路
PPPoE方式の通信⇒車線が1つで、途中に検問があって一時停止が必要な道
IPoE方式の通信⇒車線が3つで、一時停止も不要な道

 

 

要するにIPv6 IPoE方式なら、発生しがちな回線混雑を避けてスムーズ・快適に通信できますよ。

 

 

ただしIPv6 IPoE方式でアクセスできるのは、IPv6に対応しているサイトやサービスのみです。

 

IPv6対応のサービスは現時点だとそれほど多くなく、GoogleやYouTube、Facebookなどごく一部となっています。

 

結果として、IPv6 IPoEだけが使えたところで快適な場所が限られるため、まだあまり意味がないのが事実です。

 

 

IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 ⇒ IPv6対応サービスだけでなくIPv4しか対応していないサービスも速くなる

 

IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6ではIPv6対応サービスに加えて、IPv4にしか対応していないサービスを利用する時にもIPv6 IPoE経路を通ることができきます。

 

つまり、IPv6とIPv4両方の通信が高速化するので、インターネットは常時快適です。

 

 

これからインターネットを契約するなら、できればIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6に申し込んで、いつでも爆速なインターネット環境を構築したいですね。

 

もっと詳しい解説はこちらでしているので、興味を持った方はご覧ください。

 

 

 

ビッグローブ光で使えるIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6は「IPv6オプション」

 

ビッグローブ光で使えるIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6の関連サービス「IPv6オプション」を利用できます。

 

光回線・プロバイダの中にはIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6関連サービスが未提供のものもまだまだたくさんあるので、他社に比べて大きなメリットと考えられるでしょう。

 

 

なおIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6にはいくつかの種類があり、ビッグローブ光で使えるのは、その中の「IPv6オプション」というサービスです。

 

IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6関連サービスそれぞれには内容が異なる部分もありますが、フレッツ光・光コラボの回線速度が速くなるのはどれも同じです。

 

 

「v6プラス」から「IPv6オプション」に変更された

 

ビッグローブ光が提供しているIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6サービスは、以前は「v6プラス」というサービスでした。

 

しかし2017年7月で、ビッグローブ光でのv6プラスの受付が終了して、代わりに「IPv6オプション」の受付を開始しています。

 

 

 

v6プラス?IPv6オプション??


 

ちょっと分かりづらい話かと思いますが、回線速度を高速化するサービス(IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6)には何種類かあり、ビッグローブ光で使える種類が変わったということです。

 

 

じゃあなんで変わったのかというと、下記のような流れがあったからです。

 

以前はビッグローブ自身でIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6サービスを提供しておらず、他社(JPNEという会社)のv6プラスを借りて使っていました。
他社から借りている場合は当然、設備の増強やサービスの変更を自社でできません。

 

そこでビッグローブ自身が「IPv6オプション」というIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6サービスを提供開始し、ビッグローブ光でもv6プラスからIPv6オプションに切り替えられました。

 

 

ちなみにJPNEやビッグローブのような、IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6を提供している会社のことをVNE事業者と呼びます。

 

光回線を契約する場合は、通常、回線事業者(フレッツ光ならNTT、ビッグローブ光ならビッグローブなど)/プロバイダ(フレッツ光ならぷららなど複数から選べる、ビッグローブ光ならビッグローブなど)の利用が必要になりますが、

回線速度を高速化するIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6サービスを使いたい場合は、回線事業者/プロバイダに加えて、VNE事業者も利用することになります。

 

ただし、回線事業者/プロバイダと違って、VNE事業者は自分で選ぶことはできません。プロバイダによって提携しているVNE事業者が違うため、プロバイダを選んだ時点で、自動的にVNE事業者も決まります。

 

 

VNE事業者の違いも含めた、IPv6オプションとv6プラスの違いには次項で解説していきます。

 

 

IPv6オプションとv6プラスは違う?

 

IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6が使えるサービスには様々な種類がありますが、利用しているプロバイダが多く、有名なのがv6プラスです。

 

v6プラスとIPv6オプションの違いを、比べてみましょう。

 

v6プラス
(So-net光プラスなどで提供)

IPv6オプション

VNE
(サービスを提供・運営している事業者)

日本ネットワークイネイブラー株式会社
(JPNE)(KDDI株式会社/日本インターネットエクスチェンジ株式会社/NECビッグローブ株式会社/ニフティ株式会社/株式会社朝日ネット/株式会社ヴェクタントの6社が共同で設立)

ビッグローブ株式会社

技術
(IPv4 over IPv6の方式)

MAP-E MAP-E

グローバルIPアドレス
(インターネット利用機器に割り当てられる、住所のようなもの)

v6プラスを利用している複数ユーザーで1つのグローバルIPアドレスを共有 IPv6オプションを利用している複数ユーザーで1つのグローバルIPアドレスを共有

ポート
(通信に使う接続口、いわば家のドアのようなもの)

各ユーザーに240個ずつ割り当てられて(ユーザーごとにポートは異なる)、その範囲内だけ使える 各ユーザーに240個ずつ割り当てられて(ユーザーごとにポートは異なる)、その範囲内だけ使える
対応機器 v6プラス(MAP-E)対応ルーターであれば市販品でもOK MAP-E対応ルーターであれば市販品でも使えるが、ビッグローブが動作を保証しているのは一部機器のみ

 

見てのとおり全体的に似通っていて、通信に使うMAP-Eも共通となるため、ほぼ同じです。

 

 

違うのは「VNE事業者」と「対応機器」で、注意が必要なのはIPv6オプションの対応ルーターです。

 

IPv6オプションは対応機器として動作が保証されている機種が回線事業者からレンタルされるものなどごく一部で、市販品はあまり動作保証がされている機器が多くありません。

 

v6プラスなら市販品でも動作保証のあるものが多いので、信頼性ではv6プラスのほうが上と考えられるでしょう。

 

 

v6プラスの対応機器は、こちらで解説しています。

 

 

 

IPv6オプション対応機器(市販ルーターなど)

 

ビッグローブ光におけるIPv6オプションの対応機器は、以下のとおりです。

 

 

ビッグローブ光でレンタルできる「1ギガ対応無線LANルータ」

 

回線事業者からレンタルしている、光電話対応ルーター各種(PR-600、RX-600など、フレッツ・ジョイント機能の提供が必須)

 

Aterm WG1810HP(JE)/Aterm WG1200HP3

 

WSR-1166DHP4/WSR-2533DHP2

 

WXR-1750DHP

 

WN-AX2033GR2/WN-AX1167GR2/WN-AX1167GR

 

WG2600HP3/WG1900HP2/WG1200HP3

 

ドコモ光ルーター 01

 

WRC-2533GST2/WRC-1900GST2/WRC-1750GST2/WRC-1167GST2

 

Archer A10/Archer A2600

 

 

上記対応機器は執筆時点のものなので、最新情報は以下の公式ページからご確認ください。

 

https://faq.support.biglobe.ne.jp/faq_detail.html?id=12254

 

 

IPv6オプションの評判

 

ビッグローブ光でIPv6オプションを使ってみた人の評判を、調べてみました。

 

 

 

上記口コミでは、下り150Mbpsで通信できています。

 

オンラインゲームや動画再生など、速度が必要な場面でも十分快適に利用できると考えられますね。

 

 

 

2つ目の口コミでも、平均150Mbpsの高速が出て満足していることが語られています。

 

 

 

一方で、IPv6を利用してもわずか18kbpsしか出ていない意見もありました。

 

流石に遅すぎるので、もしかしたら機器が不調だったり、手持ちのルーターがIPv6オプションに非対応だったり、あるいはIPv6 PPPoEで通信しているなどの理由がある可能性もあります。

 

一部否定的な声もありましたが、全体的にはIPv6オプションを利用して回線が高速化し、満足している声が圧倒的でした。

 

 

IPv6オプションの注意点

 

IPv6オプションは、一部オンラインゲームなどに非対応です。

 

IPv6オプションは特定のポートを利用できなかったり、グローバルIPアドレスを複数人で共有するしくみだったりするため、特定のポートやIPアドレスを利用するサービスは利用できません。

 

利用しているゲームができるか心配な場合は、WEB上で対応可否を調べるなどして、事前にIPv6オプションを利用して大丈夫か確認することをおすすめします。

 

 

下記記事では、v6プラスのデメリットや、デメリットの解消方法(v6プラス非対応のゲームをプレイする方法など)について解説しています。

 

IPv6オプションも、v6プラスと同じMAP-E方式で、デメリットも解消方法も同じですので、併せて参考にしてください。

 

 

 

IPv6オプションの申し込み・設定方法

 

IPv6オプションは、ビッグローブ光のWEBサイトから申し込めます。

 

ここからは、IPv6オプションの申し込みと設定方法を解説します。

 

 

申し込み方法

 

ビッグローブ光のIPv6オプションは、下記URL下部の「お申し込み」項目から申し込み手続きをしましょう。

 

https://support.biglobe.ne.jp/ipv6/

 

 

光電話契約者と光電話を利用していない人で、申込ボタンが異なることにご注意ください。

 

また光電話未利用・IPv6オプション対応ルーターを持っていない場合は、「接続機器(無線LAN付き)を申し込む」ボタンより、合わせてルーターのレンタルを申し込めます。

 

 

ただしレンタルには月額500円(税抜)かかるので、長期間ビッグローブ光を使うなら、市販品の対応ルーターを購入するのも良いでしょう。

 

例えばWG2600HP3はAmazon価格が13,200円だったので、26ヶ月以上使えばレンタルルーターより安上がりになりますよ。

 

 

設定方法

 

IPv6オプションは、LANケーブルを使ってインターネット接続用の各種機器を接続するだけで利用できます。

 

 

光電話を契約している場合は光電話ルーターと市販のWi-Fiルーターまたはパソコンを直接接続しましょう。

 

光電話未契約なら、ビッグローブ光のONUにレンタルルーターや、IPv6オプション対応のWi-Fiルーターを接続すればOKです。

 

 

なお、パソコンやルーターにPPPoE方式でのインターネット接続設定がされている場合は、以下の手順で削除しましょう。

 

  1. Windowsボタン+Rを押す
  2. 開いた「ファイル名を検索して実行」項目にncpa.cplと入力、OKをクリック
  3. 「ブロードバンド接続」を右クリックして、削除を選択

 

 

公式キャンペーン+独自特典が適用できる!オススメのビッグローブ光申し込み先はこちら




ビッグローブ光,ipv6,ipv6オプション,biglobe光



2019年10月の最新キャンペーン内容で比較しています!



公式、代理店などの【キャッシュバック額】もしくは【還元内容】、【キャンペーン内容】、評判を比較した上で判断しています。



2019年7月より事業者変更(光コラボ⇒光コラボ・フレッツ光の再転用)ができるようになりました!


これにより、光コラボ(OCN光やソフトバンク光など)を利用中の方がビッグローブ光に乗り換える際、


  • 立会い工事不要
  • 工事費無料(現在は新規の場合でも工事費無料CP中)
  • ひかり電話もアナログ戻し工事など不要で、電話番号を引き継げる

ようになりました。


他社光コラボ利用中で、ビッグローブ光に乗り換えたい方はチャンスです!




キャッシュバックが欲しい方



月額料金を安くしたい方



キャッシュバックが欲しい方


株式会社LBフォース

株式会社LBフォースのビッグローブ光キャンペーン


株式会社LBフォースのビッグローブ光キャンペーン2


オプション加入・無理な勧誘がなく、安心して申し込めます


公式キャンペーン+独自特典が適用できて、キャッシュバック額が最も高い代理店です。



以下の2種類のキャンペーンからどちらかを選べます。



キャンペーン① 内容

 



キャッシュバック額が高く、工事費の大幅割引も受けられるキャンペーンです!


  • 条件なしで現金26,000円キャッシュバック(転用・事業者変更の場合:10,000円)

  • 2年プランの場合→工事費実質3,000円 3年プランの場合→工事費実質無料 ※転用・事業者変更の場合は工事不要

  • IPv6オプション対応W-Fiルーターレンタル(通常500円/月)が6ヶ月無料

  • ビッグローブ光利用中の引越し時は何度でも工事費無料(3年プランの場合のみ)

  • auスマートバリューでau携帯が毎月最大2,000円/台 割引


キャンペーン① 条件

 


株式会社LBフォースからビッグローブ光に申し込むこと



キャンペーン① キャッシュバック受け取り時期

 


最短で開通工事の2ヶ月後末に振込み



キャンペーン② 内容

 



※こちらは新規の方のみ選べるキャンペーンです。転用・事業者変更の方は選べませんのでご注意ください。


  • 条件なしで現金18,000円キャッシュバック + IPv6オプション対応Wi-Fiルータープレゼント

  • 2年プランの場合→工事費実質3,000円 3年プランの場合→工事費実質無料

  • IPv6オプション対応W-Fiルーターレンタル(通常500円/月)が6ヶ月無料

  • ビッグローブ光利用中の引越し時は何度でも工事費無料(3年プランの場合のみ)

  • auスマートバリューでau携帯が毎月最大2,000円/台 割引


キャンペーン② 条件

 


株式会社LBフォースからビッグローブ光に新規申し込みすること(転用は対象外)



キャンペーン② キャッシュバック受け取り時期

 


最短で開通工事の2ヶ月後末に振込み



株式会社LBフォースは、ビッグローブ光の1次代理店のため、キャッシュバック額が高いのが特徴です。





スマホも合わせてトータルで安くしたい方はBIGLOBEモバイルがオススメ!ビッグローブ光とセットで毎月300円割引!




株式会社NNコミュニケーションズ

ビッグローブ光(NNコミュニケーションズ)のキャンペーン


ビッグローブ光(NNコミュニケーションズ)のキャンペーン2



こちらも、オプション加入・無理な勧誘がなく、安心して申し込めて、公式キャンペーン+独自特典が適用できる代理店です。



以下の2種類のキャンペーンからどちらかを選べます。



キャンペーン① 内容

 



  • 条件なしで現金26,000円キャッシュバック(転用・事業者変更の場合:10,000円) ※ひかり電話も同時申し込みなら2,000円増額

  • 2年プランの場合→工事費実質3,000円 3年プランの場合→工事費実質無料

  • ビッグローブ光利用中の引越し時は何度でも工事費無料(3年プランの場合のみ)

  • auスマートバリューでau携帯が毎月最大2,000円/台 割引


キャンペーン① 条件

 


株式会社NNコミュニケーションズからビッグローブ光に申し込むこと
ビッグローブ光を12ヶ月以上継続利用すること



キャンペーン① キャッシュバック受け取り時期

 


最短で開通工事の2ヶ月後末に振込み




キャンペーン② 内容

 



※こちらは新規の方のみ選べるキャンペーンです。転用・事業者変更の方は選べませんのでご注意ください。


  • 条件なしで現金13,000円キャッシュバック + IPv6オプション(ビッグローブ光で使えるv6プラスと同様の高速通信サービス)対応最新型Wi-Fiルータープレゼント  ※ひかり電話も同時申し込みなら2,000円増額

  • 2年プランの場合→工事費実質3,000円 3年プランの場合→工事費実質無料

  • IPv6オプション対応W-Fiルーターレンタル(通常500円/月)が6ヶ月無料

  • ビッグローブ光利用中の引越し時は何度でも工事費無料(3年プランの場合のみ)

  • auスマートバリューでau携帯が毎月最大2,000円/台 割引


キャンペーン② 条件

 


株式会社NNコミュニケーションズからビッグローブ光に申し込むこと
ビッグローブ光を12ヶ月以上継続利用すること



キャンペーン② キャッシュバック受け取り時期

 


最短で開通工事の2ヶ月後末に振込み



キャンペーン②  IPv6オプション(ビッグローブ光で使えるv6プラスと同様の高速通信サービス)対応最新型Wi-Fiルーター発送時期

 


開通工事確認後、1週間程度





上記のように多数の特典が適用できる代理店です。







スマホも合わせてトータルで安くしたい方はBIGLOBEモバイルがオススメ!ビッグローブ光とセットで毎月300円割引!




株式会社NEXT

株式会社NEXTのビッグローブ光キャンペーン



こちらも、オプション加入・無理な勧誘がなく、安心して申し込めて、公式キャンペーン+独自特典が適用できる代理店です。


工事費割引の代わりに、キャッシュバック額を増やすキャンペーンがあるのが特徴です。



以下の2種類のキャンペーンからどちらかを選べます。



キャンペーン① 内容

 



こちらは、工事費無料キャンペーンの代わりにキャッシュバックを増額するキャンペーンです。


キャッシュバック+工事費無料の総額を考えると、キャンペーン②の方がお得になります。


  • 条件なしで現金35,000円キャッシュバック(転用・事業者変更の場合:10,000円)

  • IPv6オプション対応W-Fiルーターレンタル(通常500円/月)が6ヶ月無料

  • ビッグローブ光利用中の引越し時は何度でも工事費無料(3年プランの場合のみ)

  • auスマートバリューでau携帯が毎月最大2,000円/台 割引


キャンペーン① 条件

 


株式会社NEXTからビッグローブ光に申し込むこと
3年ごとの自動更新プランに申し込むこと(2年プランの場合はキャンペーン②が適用)



キャンペーン① キャッシュバック受け取り時期

 


最短で開通工事の2ヶ月後末に振込み




キャンペーン② 内容

 



※こちらは新規の方のみ選べるキャンペーンです。転用・事業者変更の方は選べませんのでご注意ください。


  • 条件なしで現金26,000円キャッシュバック

  • 2年プランの場合→工事費実質3,000円 3年プランの場合→工事費実質無料

  • IPv6オプション対応W-Fiルーターレンタル(通常500円/月)が6ヶ月無料

  • ビッグローブ光利用中の引越し時は何度でも工事費無料(3年プランの場合のみ)

  • auスマートバリューでau携帯が毎月最大2,000円/台 割引


キャンペーン② 条件

 


株式会社NEXTからビッグローブ光に新規申し込みすること(転用は対象外)



キャンペーン② キャッシュバック受け取り時期

 


最短で開通工事の2ヶ月後末に振込み




キャッシュバック+工事費無料キャンペーンの他にも、工事費無料なしでキャッシュバック額を高くするキャンペーン(キャンペーン①)があるのがNEXTの特徴です。


月々の料金が高くなっても、現金キャッシュバック額が高い方が良いという方には、NEXTからの申し込みがオススメです!







スマホも合わせてトータルで安くしたい方はBIGLOBEモバイルがオススメ!ビッグローブ光とセットで毎月300円割引!




月額料金を安くしたい方


BIGLOBE(公式)

ビッグローブ光公式サイトで実施中のキャンペーン

ビッグローブ光公式サイトで実施中のキャンペーン2


唯一、月額割引キャンペーンを実施しているのがBIGLOBE(公式サイト)です。


1年間、毎月の料金を安く(1,480円割引)することができます。


また、通常500円/月かかるIPv6オプション対応のWi-Fiルーターレンタルが、1年間無料になります。


工事費も無料になりますので、毎月の料金を安くしたい方には、公式サイトからの申し込みがオススメです。



以下の2種類のキャンペーンからどちらかを選べます。



キャンペーン① 内容

 



月額割引+IPv6オプション対応Wi-Fiルーターレンタルが無料(どちらも12ヶ月間)の特典が受けられて、工事費も実質無料になるキャンペーンです!


  • 新規契約・事業者変更の場合:12ヶ月間1,480円/月割引(転用の場合:36ヶ月間最大580円/月割引)

  • 3年プランの場合→工事費実質無料

  • IPv6オプション対応W-Fiルーターレンタル(通常500円/月)が12ヶ月無料

  • ビッグローブ光利用中の引越し時は何度でも工事費無料(3年プランの場合のみ)

  • auスマートバリューでau携帯が毎月最大2,000円/台 割引


キャンペーン① 条件

 


BIGLOBE(公式サイト)からビッグローブ光に申し込むこと



キャンペーン② 内容

 



※こちらは新規・事業者変更の方のみ選べるキャンペーンです。転用の方は選べませんのでご注意ください。


こちらはキャッシュバックがもらえるキャンペーンですが、キャッシュバック額で比較すると、先に紹介した代理店の方が高いです。



  • 現金25,000円キャッシュバック

  • 3年プランの場合→工事費実質無料

  • IPv6オプション対応W-Fiルーターレンタル(通常500円/月)が12ヶ月無料

  • ビッグローブ光利用中の引越し時は何度でも工事費無料(3年プランの場合のみ)

  • auスマートバリューでau携帯が毎月最大2,000円/台 割引


キャンペーン② 条件

 


BIGLOBE(公式サイト)からビッグローブ光に新規申し込みすること(転用は対象外)



キャンペーン② キャッシュバック受け取り時期

 


サービス開始月を1カ月目として12カ月目以降に手続きし、そこから数日以内に振込み



BIGLOBE(公式サイト)は、代理店にはない、「月額割引キャンペーン」が選べるのが特徴です。


【AT独占】ビッグローブ光




スマホも合わせてトータルで安くしたい方はBIGLOBEモバイルがオススメ!ビッグローブ光とセットで毎月300円割引!


 

このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ



ページの先頭へ戻る