【ドコモ光の提供エリアはどこ?郵便番号検索できる?】「エリア確認の方法」と「エリア外に移転(引越し)する場合の解約金」について解説!

【ドコモ光の提供エリアはどこ?郵便番号検索できる?】「エリア確認の方法」と「エリア外に移転(引越し)する場合の解約金」について解説!

 

工事費無料
+
キャッシュバックCP中!

2019年10月現在の
最新キャンペーンはこちら

 

 

 

【実際に契約した体験談】

申し込み~開通までの流れを写真つきでレビューしています

 

 

 

 

引越し先でドコモ光を契約したいんだけど、ドコモ光の対応エリアってどこなんだろ


 

 

ドコモ光を契約するにあたって気になるのは、自宅で契約できるかどうかですよね。

 

ドコモ光は日本全国で提供されていますが、一部の建物やエリアでは契約できないこともあるので注意が必要です。

 

 

この記事では、ドコモ光の提供エリアやエリア検索方法ついて解説します!

 

ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

工事費無料
+
キャッシュバックCP中!


 

ドコモ光の提供エリアはどこ?

ドコモ光,エリア,ドコモ光テレビオプション,郵便番号検索,確認方法,エリア外,解約金

 

 

ドコモ光の提供エリアは、日本全国です!

 

北海道から沖縄まで、幅広い地域でドコモ光を契約できます。

 

 

ドコモ光の提供エリアが広い理由は、基本的にフレッツ光と同じ回線(ケーブル)を利用している「光コラボ(光コラボレーションモデル)」というサービス形態だからです。

 

ドコモ光の提供エリア=NTTが展開している大手光回線・フレッツ光の提供エリアなので、日本全国でドコモ光を利用できます。

 

 

ただし、一部タイプ(ドコモ光タイプC)やオプションの「ドコモ光テレビオプション」は、使えるエリアが異なるので注意が必要です。

 

 

ドコモ光(タイプA/B)の提供エリアは全国をカバー

 

 

ドコモ光にはタイプA/B/Cの3つがありますが、多くの方はタイプAかタイプBを使うことになるでしょう。

 

タイプA・タイプBの対応エリアは全国をカバーしているので、基本的にどこでも使えます!


 

 

ドコモ光のタイプAとタイプBはフレッツ光回線を使っているので、日本全国をカバーしています。

 

フレッツ光対応の物件ならもれなくドコモ光(タイプA/B)も利用でき、フレッツ光を既に契約しているなら「転用」をすることで、工事不要でドコモ光へ乗り換えることもできます。

 

 

 

 

ドコモ光タイプCは一部エリアのみ対応

 

 

フレッツ光と同じ回線(ケーブル)を使うタイプA/Bに対して、タイプCは各地のケーブルテレビ会社の回線を使います。

 

そのため、それぞれのケーブルテレビ会社が使える範囲だけが、ドコモ光タイプCの提供エリアになっています。


 

ドコモ光タイプCはタイプA・タイプBと異なり、一部エリアでのみ契約できます。

 

タイプCが日本全国に対応していない理由は、「各地域のケーブルテレビの設備により提供されるサービス」だからです。

 

 

ドコモ光タイプCを契約できるエリアは、以下の会社のケーブルテレビ対応エリアに限られるので注意しましょう。

 

  • 株式会社シー・ティー・ワイ
  • 株式会社ケーブルネット鈴鹿
  • 近鉄ケーブルネットワーク株式会社
  • 株式会社エヌ・シィ・ティ
  • 株式会社ニューメディア
  • 株式会社テレビ小松
  • 多摩ケーブルネットワーク株式会社
  • 香川テレビ放送網株式会社
  • 株式会社秋田ケーブルテレビ
  • 伊賀上野ケーブルテレビ株式会社
  • 上越ケーブルビジョン株式会社
  • 射水ケーブルネットワーク株式会社
  • 株式会社アドバンスコープ
  • 株式会社テレビ岸和田

 

各社の提供エリアは下記ページで確認できます

 

https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/charge/type_c/

 

 

 

ちなみに多摩ケーブルネットワーク株式会社で提供されるドコモ光タイプCは、タイプA、タイプBや他のタイプCと違い下り2.5Gbps・上り1.25Gbpsの高速通信対応です!


 

 

 

 

ドコモ光テレビオプションも一部エリアのみ対応

 

 

ドコモ光の対応エリア内であっても、ドコモ光テレビオプションはエリア外という場合もあります。

 

ドコモ光と一緒にドコモ光テレビオプションを使いたい場合は、ドコモ光テレビオプションのエリアも確認しておきましょう。


 

専用チューナー無しで地デジやBSなどを楽しめるドコモ光テレビオプションは、一部エリアでしか契約できません

 

 

ドコモ光テレビオプションの提供エリアを表にまとめたので、ご覧ください。

 

都道府県(以下の一部地域) 対応する物件の区分
東日本エリア 北海道、福島県、群馬県、栃木県、茨城県、埼玉県、東京都、神奈川県、千葉県、新潟県 戸建住宅・集合住宅(光配線方式)
西日本エリア 愛知県、静岡県、兵庫県、岐阜県、三重県、大阪府、京都府、奈良県、滋賀県、和歌山県、徳島県、香川県、岡山県、広島県、福岡県、佐賀県 戸建住宅

 

該当エリア以外に住んでいる人はドコモ光テレビオプションを利用できないので、地デジなどを見たい場合は家にアンテナを立てるなどして対策しましょう。

 

ドコモ光テレビオプションなどの、ドコモ光で使えるテレビサービスについてはこちら

 

【ひかりTV/テレビオプションなど】ドコモ光で使える4つのテレビサービスの内容・料金・エリア・利用条件まで徹底解説!

 

集合住宅は要注意!フレッツ光未導入の建物だとドコモ光が使えない場合も

 

 

集合住宅だと、マンションやアパート自体が対応していない場合があります。

 

せっかく対応エリア内であっても、建物によっては使えない可能性もあるので注意しておきましょう。


 

集合住宅の場合、提供エリア内でもドコモ光を契約できない場合があります。

 

建物がフレッツ光を導入していなければ、ドコモ光も契約できないからです。

 

 

大家さんや管理会社に問い合わせ、フレッツ光に対応しているか、あるいはこれから導入可能か確認してからドコモ光を申し込みましょう。

 

 

建物によっては光配線方式ではなくVDSL方式やLAN配線方式の場合もあり

 

ドコモ光は上下最大1Gbpsの光回線サービスですが、集合住宅の場合、建物によっては「VDSL方式」や「LAN配線方式」が採用されていて、その場合は速度が最大100Mbpsになります

 

 

 

VDSL?LAN配線方式?ナニソレ??


 

簡単に説明すると、VDSL方式は建物内の共有スペースまでが光回線で、各部屋へは光回線でなく電話回線の設備を利用して配線されているため、電話回線側の最大速度である100Mbpsになってしまいます。

 

LAN配線方式も共有スペースまでが光回線で、各部屋へはLANケーブルで繋がっていて、部屋に設置されたLANケーブルをパソコンやルーターに繋いで通信・速度は最大100Mbpsです。

 

 

集合住宅でも戸建てタイプになる場合も

 

アパートやマンションといった集合住宅に住んでいるとしても、建物によっては戸建てタイプのドコモ光を契約しなければいけないケースがあります

 

マンション内にフレッツ光の回線設備が導入されていない建物が小さいなどの理由で、戸建てタイプでの契約を求められたら、戸建てタイプの料金プランで契約することとなるのでご注意ください。

 

 

戸建てタイプとマンションタイプの違い

 

ドコモ光の戸建てタイプとマンションタイプでは、工事費月額料金解約金など様々な部分が異なります。

 

戸建てタイプ マンションタイプ
速度 上下最大1Gbps

上下最大1Gbps
※VDSL方式やLAN配線方式は100Mbps

工事費(税抜) 18,000円 15,000円
月額料金(税抜)

タイプA:5,200円
タイプB:5,400円

タイプA:4,000円
タイプB:4,200円

解約金
(税抜、契約満了月の当月~翌々月は無料)

13,000円 8,000円

 

また、工事内容も、戸建住宅は自宅まで直接回線が引き込まれますが、マンションタイプは建物内の共有スペースに一旦引き込まれてから各部屋に配線される形です。

 

ただし工事内容が若干異なるからといって、とくに利用者側がなにかしなければいけないわけではないのでご安心ください。

 

 

 

 

【郵便番号でも検索可能】自宅がドコモ光の提供エリアか確認する方法

ドコモ光のエリア確認方法はフレッツ光と同様

 

 

自宅がドコモ光の提供エリアか確認する方法を、NTT東日本エリアの場合/NTT西日本エリアの場合に分けて解説します。


 

ドコモ光の提供エリアは、インターネットからすぐに確認できます。

 

 

ドコモ光タイプA・タイプBの提供エリアはフレッツ光と共通なので、住んでいる・住む予定の地域でフレッツ光のエリア検索をすれば契約できるかどうかすぐにわかります!

 

なお、ケーブルテレビ回線を使うタイプCを契約したい場合は、各地域のケーブルテレビの公式サイト等からエリア検索を行って導入可否を確認しましょう。

 

 

ここからは、ドコモ光タイプA・タイプBを契約したい人のために、NTT東日本エリアとNTT西日本エリアそれぞれのエリア確認方法を解説します!

 

 

NTT東日本エリアの場合

 

NTT東日本エリアでドコモ光を契約したい場合は、以下のURLからエリア検索を行いましょう。

 

NTT東日本エリアの方のエリアチェックはこちら

 

https://flets.com/app2/cao/index/index/

 

  1. 郵便番号を入力する
  2. 正しい住所を選択する
  3. 建物形態を選択する(戸建住宅・集合住宅)
  4. マンションの場合住んでいる・住む予定のマンションを選択する
  5. エリア判定が行われる!

 

 

以上5つの手順を順番に進めていけば、エリアがわかります。

 

フレッツ光の契約が可能だったら、ドコモ光を契約できますよ。

 

 

 

 

NTT西日本エリアの場合

 

NTT西日本エリアでドコモ光のエリアを検索する場合は、以下のURLを開きましょう。

 

NTT西日本エリアの方のエリアチェックはこちら

 

https://flets-w.com/cart/index.php?etc_data_kks=kantan%3D1%40&cp=88888888

 

  1. 戸建住宅・集合住宅を選択
  2. 郵便番号や府県を利用し、エリアを検索する
  3. 住所を細かく指定する
  4. エリア判定が行われる!

 

 

「ご指定の住所はフレッツ光のご提供エリアです」と表示されれば、ドコモ光も契約できますよ。

 

 

タイプCの場合

 

ドコモ光にはタイプCという選択肢もあり、タイプCの月額料金はタイプAと同じです。

 

タイプ 月額料金(税抜)
戸建てタイプ 5,200円
マンションタイプ 4,000円

 

タイプCは地方のケーブルテレビの回線を利用したドコモ光で、提供エリアは限られています。

 

市町村単位では、こちらでざっくりと確認できるので、地元が対応しているか気になる方はチェックしてみてください。

 


タイプCプロバイダの提供エリア(市町村単位)


 

提供エリアについてもっと細かく知りたい場合は、各事業者(ケーブルテレビ)のホームページなどを確認しましょう。

 

 

例として、三重県で使えるタイプC事業者の株式会社シー・ティー・ワイ(他の事業者でも大丈夫です)のエリアの調べ方を、以下にまとめました。

 

  1. CTY公式サイトを開く(http://www.cty-net.ne.jp/
  2. 「新規加入をご検討中のお客様」を選択、「サービスエリア」に移動
  3. 各市の項目より、自宅の住所が含まれているか確認

 

 

ドコモ光がエリア内だった場合の申し込みと開通までの流れ

 

ドコモ光がエリア内だったら、下記の手順で申し込みを行いましょう。

 

  1. ドコモ光の申し込み窓口を開く(公式サイトやGMOとくとくBBの申し込みサイトなど)
  2. 電話がかかってきて、内容確認や工事日の調整が行われる
  3. 工事日の前に、プロバイダの契約書や申込確認メール、ドコモ光の開通案内が届く
  4. 立ち合いのもと、開通工事が行われる(マンションの場合、立ち会い不要なケースもある)
  5. ルーター等で必要に応じてインターネット接続設定をして、開通完了

 

 

ドコモ光がエリア外/建物の事情で使えない場合におすすめのネット回線

 

ドコモ光は全国対応の光回線ですが、フレッツ光未対応の場所では使えませんし、対応エリア内でも建物によっては使えないことがあります。

 

もしドコモ光がエリア外だったり、申し込めないアパート・マンションだったことがわかったりした場合は、他のインターネット回線を利用しましょう。

 

 

選択肢をいくつか紹介するので、参考にしてくださいね。

 

 

①アパート・マンションで指定されているネット回線

 

アパートやマンションでは、指定されているインターネット回線が存在することがあります

 

例えばフレッツ光(ドコモ光)には未対応でも、J:COMなら契約できるなどのケースです。

 

指定されているネット回線がある場合は、指定のものを選ぶなら確実に申し込めます。

 

 

②ケーブルテレビ(ドコモ光タイプCの提携事業者なら尚可)

 

ケーブルテレビ回線なら、設備がフレッツ光の光ファイバーケーブルと異なっているので、ドコモ光がエリア外の場所でも使える可能性があります
さらに利用できるケーブルテレビがドコモ光タイプCの提携事業者なら、ドコモ光セットが使えるためスマートフォン料金は割引、ドコモ光タイプAと同じ料金で使えてお得ですよ。

 

 

ダークファイバー系/独自回線系の光回線

 

住んでいるマンション・アパートや戸建住宅で自由にネット回線を選ぶことができる場合は、ダークファイバー系回線独自回線を使っている光回線もおすすめです。

 

ダークファイバー回線とは、フレッツ光のために敷設された光ファイバーケーブルの中の、フレッツ光や光コラボで利用されていない部分を他社が借りてサービスを提供しているものです。

 

おうち割光セット対応で下り最大2Gbpsの高速光回線のNURO光や、auスマートバリュー対応のauひかりが該当していますよ。(auひかりは関東の一部が独自回線、それ以外のエリアがダークファイバー回線を利用しています)

 

独自回線は、各地域の電力会社やその関連会社が展開していて、自前で光ファイバーケーブルを敷設して光回線サービスを提供しているのが特徴です。

 

ダークファイバー回線・独自回線共にドコモ光とは提供エリアが違うため、ドコモ光が提供エリア外でも使える可能性があります

 

各地域におけるおすすめのダークファイバー回線・独自回線は、以下にまとめたとおりです。

 

 

関東地方の戸建ての方⇒NURO光(NURO光最新キャンペーンランキング)

 

東海・関西・中国・四国・九州・沖縄以外の戸建ての方、全国のマンションの方⇒auひかり(auひかり最新キャンペーンランキング)

 

東海地方/長野県の戸建ての方⇒コミュファ光(コミュファ光最新キャンペーンランキング)

 

関西地方の戸建ての方⇒eo光(eo光最新キャンペーンランキング)

 

中国地方の戸建ての方⇒メガエッグ光(メガエッグ光最新キャンペーンランキング)

 

四国地方の戸建ての方⇒ピカラ光(ピカラ光最新キャンペーンランキング)

 

九州地方の戸建ての方⇒BBIQ光(BBIQ光最新キャンペーンランキング)

 

 

以上のとおり、東海地方より西の地域には各地域の電力会社が展開する独自回線が広く普及しています。

 

北海道~東北、中部地方といった地域で独自回線を選びたい場合は、auひかりを申し込むこととなるでしょう。

 

また、NURO光は関東だけでなく、東海、関西、そして九州の福岡・佐賀でもサービスの展開が進められているので、ダークファイバーの高速回線を使いたい方は、各地域の独自回線と合わせて検討してみてください。

 

 

モバイルWi-Fiやホームルーター

 

地元で対応する回線がない、建物がインターネット回線利用不可などの理由で固定回線を引くのが難しい場合は、モバイルWi-Fiやホームルーターを検討してみてください。

 

 

モバイルWiFiはWiMAXやPocket WiFi、どんなときもWiFiなどが該当し、家でも外でも通信できますよ。

 

ホームルーターは自宅のコンセントに繋いで使うモバイル回線サービスで、WiMAXのホームルーター機種や、SoftBank Airといった選択肢があります。

 

 

なお、WiMAXやPocket WiFiは「3日間に10GB以上使うと、夜間に速度制限がかかる」という注意点があることにご注意ください。

 

もし、モバイルWiFiやホームルーターの導入も難しい場合は、auのデータMAXプラン(使い放題)など、スマートフォンの大容量プランを検討してみましょう。

 

 

ドコモ光エリア外に移転(引越し)する場合も解約金がかかる?

 

 

ドコモ光利用中に、ドコモ光の提供エリア外に移転(引越し)する場合でも解約金がかかってしまうのでしょうか?

 

ドコモ側に確認した内容も含めて解説します。


 

ドコモ光のエリア外に引っ越しする場合は、移転先でドコモ光を使えない関係上、解約が必要です。

 

 

ドコモ光は通常2年契約のサービスで、2年間の契約満了翌月・翌々月の「契約更新月」以外に解約すると解約金がかかりますが、引越し先がドコモ光に未対応だった場合は例外として無料で解約できます

 

ドコモ光側へ実際に確認をとったところ、「移転先がエリア外の場合は解約金を免除、基本使用料は解約日前日までの日割り」との返答がありました。

 

ただし移転前の住所における開通工事費の残債が残っている場合は、移転に伴う解約時に一括で支払わなければいけないので注意しましょう。

 

 

ちなみに引越し先がドコモ光のエリア内なら、手数料2,000円(税抜)と以下の工事費を支払うことで、引越し先でドコモ光を使い続けられます

 

住居形態 工事費(税抜)
戸建住宅 9,000円
集合住宅 7,500円

 

 

新規契約工事費の半額でドコモ光を開通させられるので、引越し先がエリア内なら引き続きドコモ光を使うのもおすすめです!

 

 

ドコモケータイを利用中の方が選ぶべき光回線はドコモ光!



ドコモ光では25社から好きなプロバイダを選ぶことができますが、


  • 無料でv6プラス対応
  • v6プラス対応Wi-Fiルーターのレンタルも無料
  • キャッシュバックなどの独自キャンペーン+dポイントプレゼントなどの公式キャンペーンが併用可能

といったメリット多数の「GMOとくとくBB」がオススメです。(当サイト管理人の私も実際に利用中です。)


GMOとくとくBB×ドコモ光おすすめの申し込み先ランキング

GMOとくとくBB×ドコモ光 おすすめの申し込み先


2019年10月の最新キャンペーン内容で比較しています!



公式サイト、代理店サイト、量販店などの【キャッシュバック額】もしくは【還元内容】、【キャンペーン内容】、評判を比較した上で判断しています。


GMOとくとくBB×ドコモ光公式サイト

GMOとくとくBBのドコモ光で実施中のキャンペーン

WEB限定CP実施中!GMOとくとくBB×ドコモ光公式サイトはこちら



GMOとくとくBBのドコモ光を申し込むなら、公式サイトが一番お得です!


2019年7月より事業者変更(光コラボ⇒光コラボ・フレッツ光の再転用)ができるようになりました!


これにより、光コラボ(OCN光やソフトバンク光など)を利用中の方がドコモ光に乗り換える際、


  • 立会い工事不要
  • ひかり電話もアナログ戻し工事など不要で、電話番号を引き継げる

ようになりました。


他社光コラボ利用中で、ドコモ光に乗り換えたい方はチャンスです!



GMOとくとくBB×ドコモ光限定キャンペーン

 


  • ドコモ光のみ(オプションなし)でも5,500円キャッシュバック

  • ドコモ光 + dTV申し込みで8,000円キャッシュバック

  • ドコモ光 + [DAZN for docomo または スカパー]申し込みで15,000円キャッシュバック

  • ドコモ光+ひかりTV for docomo(2年割)申し込みで18,000円キャッシュバック

  • ドコモ光+ひかりTV for docomo(2年割)+DAZN for docomo申し込みで20,000円キャッシュバック

  • dカード GOLDも申し込みで5,000円分のGMOポイントプレゼント(+ドコモ光公式特典:最大15,000円分のiDキャッシュバックプレゼント)

  • v6プラス&v6プラス対応Wi-Fiルーターレンタルがずっと無料(通常300円~500円/月)

  • 訪問サポートが初回無料(通常7,400円)

  • セキュリティソフト(マカフィー)が1年間無料(通常500円/月)

ドコモ光公式キャンペーン

 


  • 通常約2万円かかる工事費が無料(ドコモ光工事費無料キャンペーン) ★9/1から再開しました!

  • 新規契約;10,000円分のdポイントプレゼント

  • 事業者変更(他の光コラボから乗り換えの方);5,000円分のdポイントプレゼント

  • 転用(フレッツから乗り換えの方);5,000円分のdポイントプレゼント

  • 他社ケータイからドコモへ乗り換えで10,260円分のdポイントプレゼント


還元額合計(最大の場合)⇒2年間で最大90,300円(dカードGOLDも申し込みなら110,300円)



GMOとくとくBBのドコモ光で実施中のキャンペーン


 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ



ページの先頭へ戻る