光回線って何?光回線の仕組みと選び方

 

光回線を選ぶ際に大事なのは、「回線速度」「安さ」ですよね


安い光回線を探すなら、基本料金の安さ、そして利用中の携帯電話とのセット割引の有無を調べることで見つけられます!


環境にもよるし、実際に契約してみないと分からないと思われがちな「回線速度」も、速い光回線の条件がちゃんとあります!



これから光回線を選ぶ方、今の回線に不満があって変えたい方、あなたにおすすめの光回線を教えます

【2019年最新版】安い!速い!あなたにおすすめの光回線はコレ!!



光回線とは,光回線ってなに?

 

 

光回線とは、光を使って通信を行うための高速なインターネット回線です。

 

 

 

 

光回線の仕組みはどうなってるの?

 

光回線は、光ファイバーという透明な細い線とその両端に設置した装置を使ったインターネット回線です。

 

 

光ファイバーはガラスやプラスチックで出来ていて、その外側に被覆が施されています。

 

光ファイバーの両端にある装置とは、光を出す装置と光を読み取る装置です。

 

発信側の装置が高速で点滅する光を出し、それが光ファイバーを通り、反対側の装置で読み取ります。

 

 

この光の点滅が『デジタル信号』になり、読み取り側の装置がそれを『電気信号』に変換します。

 

その電気信号をPCなどの機器で読み取ることで通信が出来るようになります。

 

送信の場合は、逆にPCなどから発信した電気信号を装置でデジタル信号に変換し、光ファイバーに流します。

 

 

光ファイバーは、電柱や地下に敷設されていて、それを宅内に置いた光回線終端装置(ONU)に接続します。

 

ONUは、光ファイバー上を流れる光の点滅と電気信号の相互変換をしていて、

 

光ファイバーとLANケーブルの間で光と電気信号の変換を行う役割を担います。

 

 

上記のように、

 

電柱や地下に敷設された『光ファイバー』と、

 

宅内に置く『ONU』によって光回線を使った通信を行えるようになります。

 

 

ちなみに、NURO光やフレッツ光(光コラボ含む)、auひかりを始め多くの光回線では、契約時にONUのレンタルを無料でおこなっています。

 

 

フレッツ光やauひかり、NURO光など、光回線の名前がたくさんあるのはなぜ?

 

光回線に多くの種類があるのは、それぞれ異なるサービスだからです。

 

 

フレッツ光と光コラボは、同じ回線を使っています。

 

auひかりとNURO光は、NTTが敷設した光回線を借りて、独自のサービスを提供しています。

 

フレッツ光や光コラボとはインターネットへの接続方式や通信方式が異なりますので、サービスの質もまったく異なったものになっています。

 

 

どの光回線を選んだら良いか分からない場合におすすめの選び方

 

先述のとおり、光回線とひと口に言っても、たくさんの種類があります。

 

あまりにも数が多すぎて、どれが良いのか分からないという方が多いですが、見るべきポイントが分かれば選び方もハッキリわかります!

 

 

エリアや環境に合わせて、一番安くて速い光回線を下記記事で紹介していますので、光回線を選ぶ際には参考にしてください。

 

【2019年最新版】安い!速い!あなたにおすすめの光回線はコレ!!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ



ページの先頭へ戻る